妥協しない車の買取

車の走行する構造

車は大まかに9つのパーツによって構成されています。
以下はその各パーツです。

 

・エンジン
・点火系
・吸気系
・排気系
・駆動系
・電装系
・サスペンション
・足回り
各系統が各自の役割を果たし、そして助け合っているので、
車は走行することが可能になっています。

 

走行の仕組み

 

燃料タンクにガソリンを入れるとキャブレターというところに行き着きます。
そのキャブレターがガソリンと空気を混ぜ合わせて爆発しやすい気に変化させます。

 

そしてその気がシリンダーというところに流れ、アクセルを踏めば先ほど変化させられた気が爆発を起こし、
ナイクを走行させる動力となります。
つまり車はガソリンの爆発によって走行しているのです。

 

その爆発して発生する動力は車輪へと伝わり、
路面を自由自在に走行することを可能にしているのです。

 

車が走る構造は大まかに言うと上記のようにとても簡単に説明できます。
しかし、内部で構成される、その走行を可能にしている各部品の仕組みはとっても複雑になっています。

 

車の買取の仕組みは下記サイトで詳しく解説されていますので、参考に。
>>デミオ 買取